【着物の悉皆】

きもの工房 扇屋は『悉皆業』として100余年に渡り営業いたしております。

当工房より悉皆業について紹介いたします。

悉皆業とは

着物業界の悉皆業について説明致します。

文字としては『悉く(コトゴトく)』『皆(ミナ)』と書かれ『しっかい』と読みます。

悉皆業には、大きく分けて二つの業態があります。

一つ目は、問屋・染め屋・呉服店の間に立ち、催事を取り仕切る等の業者間取引を中心に営まれている『悉皆屋』です。業者間を取り持つプロデュース業や、業者間での販売も行う着物業界には欠かせない職種です。

二つ目は、一般の着物ユーザーの方より相談を受け、作業を行う専門の職人へ仕事を振り分ける仲介業を行う『悉皆屋』です。

着物の販売以外のメンテナンスサービス全般のことを『悉皆』と呼びます。

着物業界に『悉皆業』が存在することで、潤滑に着物が動くのは間違いありません。

悉皆屋は染み抜き屋ではない!?

最近よく「着物にシミが付いたら悉皆屋へ」と言う話を聞きます。

この話は間違いではありませんが、悉皆屋がシミを抜く訳ではありません。

悉皆屋は、お客様からお預かりした着物の依頼内容を染み抜き屋へ伝え、作業を依頼し納品しますので、着物ユーザーと染み抜き屋の仲介役を担います。

着物の染み抜きを行う業種は『染色補正業』と言います。

この職業は、危険な薬品を使用する為、国家検定試験の制度があり、勝手に名乗る事はできません。

染み抜きを受け付ける業者に『染色補正技能士』の資格を保有しているか確認することで『悉皆屋』か『染み抜き屋』が判ります。

この様に、悉皆屋が「洗い張り」「和裁」等の作業を行う訳ではなく、適所へ仕事を振り分ける仲介を行います。

また『悉皆士』という公的な資格は存在しません。

悉皆屋の種類と失敗しない店選び

適切な悉皆屋を選ぶことによって、安心して着物のメンテナンスの相談をすることが出来ます。

悉皆を扱う店舗数として呉服販売店が一番多いと考えられています。

呉服販売店は、問屋やそれぞれの職人との繋がりがあり着物の知識が豊富です。

呉服販売店の悉皆・メリットとデメリット

メリットとしては、呉服店では他に必要なアイテムがその場で揃うことが多く、新しい着物との出会いがあるかもしれません。悉皆を依頼する内容も充実し、着物全体のコーディネートも可能な店舗が多くあります。

デメリットとしては、作業の詳細や料金が確定しにくいことが有り、依頼から納品までの期間に余裕が必要となります。また、店舗によりますが、販売が主であるため着物の営業をされる場合もあります。

当工房を含め、職人が営む悉皆屋があります。

直接作業を行う職種の職人に色々話を聞き相談できます。

「染色補正士」「和裁士」「洗い張り」「着付師」「染め屋」「紋章店」等数多くの職人の経営する店舗で悉皆を受け付けています。

着物職人の悉皆屋・メリットとデメリット

メリットとしては、依頼したい作業の職人と話しが出来る為、柔軟な相談が可能でレスポンスが速く料金についても的確に提示することが出来ます。当工房の様に職人職種の多い店舗は多くの相談が可能です。

デメリットとしては、着物の販売在庫が少なくその場で着物の購入ができない場合が有ります。

きもの工房 扇屋には、「染色補正士」「和裁士」「洗い張り」「着付師」の職人が在籍しております。

悉皆屋選びのまとめ

○購入を選択肢に入れて相談する場合には呉服店を選ぶと良い。

○希望する依頼内容に近い業種が営む悉皆屋を選ぶと良い。

○悉皆士という資格は公的に存在していない。

サービス一覧

サービス一覧

きもの工房 扇屋で主に取り扱っている着物修復サービスの一覧です。染み抜き、洗い張り、サイズ変更などお客様のご要望を伺い、お着物に最適なお手入れをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。