サービス一覧

きもの工房 扇屋で主に取り扱っている着物修復サービスの一覧です。
しみ抜き、洗い張り、仕立て等お客様のお着物に最適なお手入れをご提案いたします。お気軽にお問合わせ下さい。

    丸洗い(生け洗い/オゾン洗い)

    「丸洗い」とは、生け洗い、京洗いとも言われる着物のドライクリーニング加工です。
    扇屋の「丸洗い」はベンジン等の有機溶剤を使用し、着物を傷めないように生地目を考え手作業により汚れた部分を洗った後、殺菌・消臭効果の高い「オゾン」を使用してドライクリーニングを行います。

    衣替え時の季節のお手入れ、洗い張り迄のコストを掛けたくない方、油性の染みが多く見られる着物、長期間箪笥に仕舞われ、湿気やカビによる古い臭いが染み込んだ着物などに有効です。丸洗いの後も臭いが残る場合は、高濃度オゾンによって消臭します。
    「丸洗い」の重要な点は、ドライ溶剤の管理です。水分や石鹸を含んだ溶剤で着物を洗うと、色泣きや仕立てが狂う可能性があります。
    扇屋では、ドライ機の中から極力水分を排出し、洗剤を入れずに洗います。これは着物専用の機械だからこそ可能な作業です。ドライ溶剤の中には溶解力が強く着物生地に負担を掛け弱らせてしまう物もあります。

    また、丸洗いをした後にドライクリーニング特有の臭いが残る物もあります。扇屋では、さまざまな種類のある溶剤の中でも着物に合う最高品質のものを使用しています。
    乾燥はドラム乾燥機を使用せず、室内(暗室)にて着物用ハンガーを使用し行います。この様に扇屋の丸洗いでは手間を掛けることによりきものに負担を掛けず仕上げる事ができます。
    振袖や留袖、訪問着など着用頻度の低い着物は、シミ抜きと合わせて丸洗いをしてから保管する事がお勧めです。

    着物のドライクリーニング

    着物のドライクリーニング

    丸洗いの料金は各店舗により異なるのは、使用する溶剤に理由があります。溶剤には数多く種類があり、その原価格は1Lあたり93円~183円と幅があります。(2010年12月調情報)
    その違いは、丸洗い後に独特の臭いです。
    有機溶剤の独特の匂いが着物に残っていたら、イコール着物から溶剤が完全に抜けきっていないということですので、安い溶剤を使っていることが考えられます。一般的には芳香族5.0を使用するようですが、当店は0.1の最上クラスを使用しておりますの で、丸洗い後の臭いは殆どありません。

    仕立てが狂う、風合いを損ねる可能性

    水分を抜く

    丸洗いをすると仕立てが狂うと言う話を聞きます。
    この原因はドライ機械内にある水分が原因です。
    扇屋では水抜き剤を使うのではなく、吸水素材の生地を機械に入れて、毎日徹底的に水分を抜くことで、着物の風合 いを損ねないよう配慮しております。
    この作業で一番重要なのは、溶剤の管理です。

    汚れた溶剤で洗うと、落としたはずの汚れが再び着物に移ってしまいます(逆汚染と呼ばれる状態です)。そのため、同じ溶剤の連続使用は行いません。
    そのほか、使用する溶剤やその配合にも配慮しております。例えば、油脂溶解率の高い溶剤を使用すれば汚れが綺麗に落ちますが、生地が痩せたようになってしまいます。また、洗剤を入れることにより汚れが落ちやすくなりますが、ネ トッとした手触りになり、丸洗い後にベンジンを使うと輪ジミになります。洗剤の量が多いと着物に洗剤が残ったまま洗 い終わる事になります。
    これらも溶剤管理の大切なポイントと考えております。

    オゾン洗い

    オゾン洗い

    扇屋の丸洗いは基本オゾンを混ぜた溶剤を使用して洗っています。

    食品の殺菌等にも使用されるO3(オゾン)です。
    カビや尿素の分解に効果を発揮し、残留しません。

    しかし、オゾンは酸化力が強く、着物の製造状態により使用しない方が良い場合もあります。
    この見極めが大切です。

    そのため、2台の機械を使い分けての作業しております。

    乾燥方法

    乾燥方法

    着物の染料はとてもデリケートですので、天日干しすることにより変色の可能性が高まります。ですが、コストの関係で乾燥を天日乾しに頼る業者もあります。
    扇屋の丸洗いは、光を遮断した室内で、32~33℃で一定に温度管理した状態で自然乾燥させています。

    丸洗い(生け洗い) 料金

    着物は解かず、有機溶剤によるクリーニングから仕上げまで含みます。
    (乾いた蒸気の)←削除 特殊なアイロンで、生地にあたり(アイロンの熱などにより生地が潰れ白く光って見えること)を出さず、ご着用時の皺(シワ)も薄くなりすっきりします。

      料金
    長襦袢 5,500円
    名古屋帯 5,500円
    袋帯 6,000円
    長羽織 ・ 羽織 ・ 道行 6,500円
    長コート ・ 雨コート 7,000円
    無地・小紋・紬(大島・結城) 7,000円
    喪服 7,000円
    付下げ 7,500円
    訪問着 8,000円
    留袖 ・ 色留袖 ・ 振袖 10,000円
    その他 ご相談ください

    汗洗い 料金

    汗洗い+部分仕上げ

      料金
    両脇の汗 4,000円
    背中 4,000円
    その他 1か所につき 2,000円~