ご家庭でできるお手入れ

着物を永くお召し頂くには、着物の事を良く知って頂きたいと思います。
着物の汚れやしみに対して、ご家庭でできるお手入れや応急処置の方法をご紹介いたします。

虫干し (陰干し)

昔から春と秋の空気の乾いた日に部屋の中で着物を吊るし、日光が当たらないよう風を通す事を「虫干し」と言います。

タンスや着物の中に溜まった湿気を追い出し、カビや虫が付かないようにするために行うお手入れです。

現代ではエアコンがありますので季節を気にせず干す事が可能です。

虫干し
  • 部屋を締め切り、エアコンのドライや除湿をかけて部屋の中が乾燥したら着物を干してください。
  • 部屋の明かりで着物の色が変色する事がありますので、注意が必要です。
  • 長時間干す場合は、部屋の明かりを消された方が良いでしょう。
  • たたむ前に、ドライヤーなどで冷たい風を全体に通すと、さらに良いでしょう。
  • この時に、タンスの中も綺麗にしてください。たとう紙も年に一度は交換することをお勧めします。

カビ

カビは生き物です。カビは胞子が発芽して育ちます。
温度・湿度・栄養分の条件が揃うと、まだ手を通していない着物でも、カビにおかされてしまいます。

もしカビを見つけたら早めの処置が必要です。タンスの中の他の着物もチェックしてみましょう。

淡色の着物は目立たないので、斜めにしたり角度を変えて調べてください。たとう紙などは、胞子が飛ばないよう注意して、捨ててください。タンスの中も綺麗にし、風を通しましょう。

カビ

応急処置

汚れが付いた場合には、触らないで専門店に持っていくのが一番ですが、どうしてもその場で処置をするには、絶対に擦らないことにご注意の上、次のような方法で行ってください。

応急処置
    【水性のしみの場合】
  • 乾いたティッシュペーパーで汚れを吸い取ります。やさしくつまみ取るように。
  • しみ部分の裏に乾いたタオル(厚め)を入れ、濡れたタオルで上から軽く押さえます。
  • 上のタオルの水分を使い、しみと共に裏の乾いたタオルに移しとります。
  • 最後に乾いたタオルで表裏から押さえるように、着物に含まれた水分を吸い取り自然乾燥します。

その場での処置はあくまでも応急のものであり、完全にきれいにすることはできません。
醤油のしみ一つ取ってみても、付いてすぐ水で洗えばそれ自体は綺麗になりますが、その際に周りに広がった水形も、後々しみの原因となってしまうのです。

早いうちにお持ちになり、何を付けたかを伝え、完全な処置を行ってください。

しみ抜き教室のご案内

扇屋では「しみ抜き教室」を開催しております。

ご家庭でお着物のお手入れ、しみ抜きの応急処置ができるようになる実用的な講座です。
ご興味のある方は是非ご参加くださいませ。

しみ抜きの基本教室